天然素材で作られたナプキンはかぶれにくい

微笑む女性

抜糸の跡が残らない

考えこむレディー

大阪の女性の中には小陰唇の大きさや形に悩んでいる方もいます。小陰唇の大きさや形には個人差があり、ホルモンの影響で肥大することもあります。中には下着による摩擦で色素沈着を起こしてしまう方もいます。デリケートゾーンの悩みは人に相談しにくく、1人で悩んでしまい中々解決することがありません。ですが、大阪では小陰唇の縮小を行なう手術が存在しています。縮小を行なうには特殊な高周波を使って手術をするのですが、手術に掛かる時間も30分から1時間程度の短い時間で終えることができます。大阪では入院の必要がないので短時間でコンプレックスを解消することができます。高周波を使った手術では、伸びた余分な皮膚の除去を行ないます。形を平等に整え縮小させます。事前のカウンセリングでどの程度の大きさにするか、しっかりと医師と確認して決めていきましょう。

縮小の手術には吸収糸を使うので痛みを感じる抜糸はありません。さらに小陰唇は元々血流良い箇所になるので、傷口を縫い合わせた後でも回復が早く、傷も目立ちません。大阪で手術を行なった当日には退院することができますが、シャワーに入るのは翌日からにしましょう。入浴時はぬるま湯で傷口に影響は無い様に優しく洗っていきましょう。血流が良く傷の治りも早い小陰唇ですが、しっかりと皮膚が定着するまでは、1か月程度かかります。その間は性交を控えて安静に過ごす様にしましょう。もしも術後に気になることがあれば医師に相談しましょう。