天然素材で作られたナプキンはかぶれにくい

微笑む女性

骨盤底筋を鍛える

落ち込む中年女性

膣のゆるみは自分で調べることができます。排尿の際に強弱をつけることができるならある程度の膣圧は維持できており膣のゆるみは無いと考えて良いでしょう。この方法は膣のゆるみを解消するトレーニングにもなるので、気づいた時に試してみましょう。女性は出産や加齢が原因で膣にゆるみが生じてしまうことがあります。しかし、繰り返してトレーニングすることで改善も可能です。

骨盤底筋を鍛えることで下半身の筋肉が強化されます。筋肉がついてくると、正しい姿勢になり臓器の位置も元にもどり、子宮への圧迫を防ぐことができます。膣が締まってくることで様々なメリットがうまれます。例えば、頻尿や尿漏れの改善や、性交痛の改善に役立ちます。膣が柔軟であると子宮が正常に機能して生理痛や婦人病の予防になります。さらに、骨盤まわりが締まってくると、それに伴い全身が整ってくることがあります。姿勢が良くなることで胸の位置が変わりバストアップにつながり、骨盤が締まることでO脚やX脚も改善して真っ直ぐに整います。自分で膣圧を鍛えるトレーニングを行なうなら、足を肩幅程度に広げてから行ないましょう。深呼吸をして息を吸い込みながら、下半身に意識を集中させましょう。その時は5秒程度息を留めた状態をキープしてから息を吐き出しましょう。これを繰り返してトレーニングする事で腹筋や骨盤底筋が強化されて膣のゆるみが解消されていきます。お風呂やトイレで簡単にできるので1日一回から始めてみましょう。